積み木

評判を確認してから長谷工コミュニティに依頼しよう

  1. ホーム
  2. 安全で快適な暮らしを

安全で快適な暮らしを

ハウス

厚みのある壁

現在の日本では、北欧での伝統的な工法を取り入れて建てる、北欧住宅の人気が高まっています。具体的には、日本の住宅では一般的に屋根や階上は柱で支えられていますが、北欧住宅では壁で支えられているのです。そのため北欧住宅の壁は、柱のように厚みのある頑丈なものとなっています。頑丈な分、歪みによる隙間が生じにくいため、北欧住宅の気密性と断熱性は非常に高いと言えます。屋内の温もりが抜けにくく、屋外の寒さが入りにくいため、過ごしやすい室温が保たれるのです。さらに、頑丈ということは、地震が発生しても倒壊しにくいということです。火災が発生しても、厚みがあるため火が通りにくく、その分落ち着いて消火できたり避難できたりするのです。こういった長所から、北欧住宅で暮らすことを希望する人は急増しています。

湿気によるトラブル

北欧住宅では、換気をしっかりとおこなうことが肝心とされています。気密性が高いということは、屋内から温もりだけでなく湿気も抜けにくいということだからです。換気を十分におこなっておかなければ、湿度が上昇することで、結露やカビといった湿気によるトラブルが発生しやすくなります。北欧の気候ではこういった心配は少ないのですが、湿度の高い日本では注意が必要なのです。そのため日本の北欧住宅では、多くの場合24時間換気システムが導入されています。湿気が自動的に排出されるので、屋内の湿度が保たれやすくなっているのです。また、窓を結露が発生しにくい二重ガラスにしたり、床にカビ防止のためのコーティングを施したりすることでも、湿気によるトラブルを防止しやすくなります。